--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-02-28(Mon)

ほのかへ

ほのかへ

ほのかに伝えたい事があるので手紙を書くよ。
パパがほのかに伝えたい3つの気持ち。


1つめは、「ごめんね。」


ママが、ほのかに言った「丈夫に生んであげられなくてごめんね。」
これは、パパもそう思っているんだ。
ほのかが生まれてからの628日。
その、どこかで何かがちょっとだけでも違ったら
ほのかは今でも笑っていたかもしれないなぁってずっと思っている。

毎日ほのかの写真を見ながら、「あの時、ああすればよかった。」とか
「あの時、ほのかの気持ちをもっとわかってあげていたら。」って。

それは、パパがほのかにしてあげられる唯一の事だったのに。
それが出来なかった事が、悔しくて、ほのかに申し訳なかったって心から思っている。

ずっと一緒にいてあげられなくてごめんね。
いっぱい抱っこしてあげられなくてごめんね。
苦しかったり、辛かったり、わかってあげられなくてごめんね。
病気を治してあげられなくてごめんね。


本当に、「ごめんね。」




2つめは「ありがとう。」


ほのかが生まれて来た時、パパもママもおじいちゃんもおばあちゃんも
そうた兄ちゃんもたくと兄ちゃんも、みんな本当に嬉しくてすごく喜んでいたんだよ。

嬉しくて嬉しくて、可愛くて可愛くて。

ほのかが生まれる前と生まれてからは大違いで、
ほのか中心の生活になって、
ほのかが一番大事、全部がほのかの為に。
自然とそんな感じになって。


それは、ほのかが生まれてきてくれたことが本当に嬉しかったから。
それは、みんなほのかの事が大好きだから。

生まれてきてくれて「ありがとう。」

そして、
ほのかの笑顔がパパに元気をくれたんだ。
優しい気持ちにさせてくれたり、
悲しい心を暖かくしてくれた事もあった。

ほのかの、その笑顔はたくさんの人を笑顔に出来たんだよ。

同じお部屋のお友達やそのパパとママ。
ほのかの所に遊びに来てくれたお友達やそのママとパパ。
ほのかの大好きだった先生や看護婦さん。

みんな、ほのかの笑顔が大好きだったんだ。

ほのかが生まれて来てくれたおかげで
たくさんの幸せが生まれたんだよ。


本当に、「ありがとう。」




3つめは、「またね。」

時間は戻す事も繰り返す事も出来なくて、
ほのかがいたあの時が今はもう過去になってしまって、
ほのかがここにいない事がすごく寂しくて。

でも、
あの日、ほのかの頭を撫でながら歌ったほのかとパパの二人だけの思い出の歌は、
「何度でも何度でも巡り会える」そういう内容の歌で、
その歌を繰り返し聞いているうちに
あの歌のように、「またいつかきっとどこかでほのかに絶対会える!」と思えるようになれたんだ。

「その笑顔だけはきっと同じ、それを目印にするね」

またほのかに会えたら、
その時はうんといっぱい遊ぼうね。
いっぱい抱っこして、いっぱい笑って、
いっぱい歌を歌おうよ。

そしてずっと一緒にいようね。


ほのかの事が大好きだから、ちょっと待ち遠しいけど、
その時が来るのを楽しみに待っているよ。


だから、「またね。」
いつかきっと、その時までの約束。



それから、パパもママもそうたもたくとも、おじいちゃんもおばあちゃんも
みんな元気だよ。


A716626490702SV1.jpg



「ほのか、おはよう!」
「ほのか、行ってきます!」
「ほのか、ただいま!」
「ほのか、おやすみ!」

毎日、みんなが挨拶している声は、ほのかに届いているのかなぁ。


また、何かあったら手紙を書くから楽しみにしていてね。


                             パパより




comment form

管理者にだけメッセージを送る (非公開コメント投稿可能)

comment

プロフィール

ソードタクトージャー2

Author:ソードタクトージャー2
2011年1月16日午前3時27分
1歳8ヶ月で最愛の娘「ほのか」が亡くなりました。
その「ほのか」に家族の日常を伝えます。

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。