--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-02-04(Fri)

たくととほのか

たくとほのかの事が大好きでいつも気にかけていました。

ほのかが生まれた時もすごく嬉しそうに
「お父さん抱っこして!」とガラス越しの新生児室を
ずっと見ていました。


ほのかが清瀬に入院して
そうたがサッカーでいない日曜日
たくとを連れて病院に行きました。

たくとはもちろん病室に入れないし
ほのかにも会えなかったんですが、
こっそり病室のドアを開けて覗きこんでたり。

あの時、怒ったりしたんですが、いま思うと
たくとほのかに会いたかったんだなぁと思います。


ほのかが始めて外泊が出来て家に帰って来た時
たくとはすごく喜んでいました。
自分のベットにいつも置いてあった亀のぬいぐるみを「ほのかにあげる」と言って
そのぬいぐるみでずっと遊んであげていました。


ビデオに残っているんですが、
私がほのかの口に指を当てて、お腹が空いていないか確かめているのを見て
「お父さんの指は汚いんだから、ほのかの口を触らないで!」
そう言って怒っていました。


ブログにも書きましたが、
ほのかにハイハイを教えてあげたり、
おもちゃで一緒に遊んであげたり、
ほのかにご飯を食べさせる時に、「ほのか、こうやって食べるんだよ」って
見本を見せてあげたり。

それを見てるほのかも嬉しそうで。


それから、たくとほのかに骨髄をあげました。
5歳になったばかりの時で、何度も何度も腰に針を刺されて
本当に怖くて痛かったと思います。
ほのかの為にすごく頑張ってくれたんだと思います。

ほのかの先生も、「たくちゃんのおかげでほのちゃんすごく元気だよ!」
そう言ってたくとをいつも褒めてくれました。

実際、ほのかがここまで頑張れたのは、たくとの骨髄がほのかの中で頑張ってくれた事が
一番大きかったと思います。


ほのかの再発がわかった時に
「もう一回、ほのかに血をあげることになったらどうする?」って聞いたことがあります。
「すごく嫌だけど、ほのかの為だったら我慢する。」そう言ってくれました。


ほのかが個室に移ってからは、
たくとも特別に病室に入れることになって
大好きなほのかとの時間を過ごす事ができました。

ほのかが抱っこも出来なくなって、ベットにゴロンしていても
ほのかの側にいてくれました。頭を撫でて、トントンしてくれました。


あの、最後の晩。
たくとも起きて、ほのかのすぐ側にいました。
私は、泣いちゃって涙でよくわからなかったのですが、
後で聞いた話では、ほのかたくとの顔を見ていたそうです。
「お兄ちゃん、ありがとう」そんな気持ちだったのかもしれません。


火葬場で、たくとが泣き出した時の気持ちを聞きました。
ほのかが、天国に行っちゃうと思って泣いちゃった。」
そう言っていました。


たくとはこの春、保育園を卒園するので
その卒園アルバムにコメントを書く事になっていたんですが
女房が書きあぐんでいて、私が書く事になりました。

色々考えて、
「1年8ヶ月、立派なお兄ちゃんでした。
立派な一年生になってください。」
そう書きました。


本当に、立派で優しいお兄ちゃんだったと思います。


A433835645168SV1.jpg



comment form

管理者にだけメッセージを送る (非公開コメント投稿可能)

comment

こんにちは、私の骨髄移植無事成功しましたせいちゃくもしていますもうしばらく入院生活ですが、頑張りたいと
思います。

Re: タイトルなし

あっこちゃんへ

偉かったですね。
うんとうんと頑張ったんだと思います。
私もすごく嬉しいです。

今までの頑張りや、これから先の頑張りが
きっとあなたを元気にしてくれます。

病気なんかに絶対に負けないでください。

心の底から応援しています。
プロフィール

ソードタクトージャー2

Author:ソードタクトージャー2
2011年1月16日午前3時27分
1歳8ヶ月で最愛の娘「ほのか」が亡くなりました。
その「ほのか」に家族の日常を伝えます。

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。