--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-01-23(Sun)

告別式

1月19日。
ほのかの告別式。


朝9時半に黒い車がほのかを迎えに来ました。
その車にほのかを乗せ、見送り、
私たちも式場に向かいました。


11時。

式が始まり、お坊さんがお経を唱え始めました。

喪主の私からお焼香が始まり
女房、そうたたくとおじいちゃんおばあちゃん
私の弟、その娘。
女房のお母さん、妹夫婦。
親戚のおじさん、おばさん。従兄弟。
会社のみんな。


女房はずっと泣いていました。
隣に座っていたそうたが、女房の背中をずっとトントンしていました。

参列してくれた人に見てもらおうと用意した
デジタルフォトフレームに次々と映し出される
ほのかの写真は、どれもこれもニコニコ笑っていて
その写真を見ていると、悔しくて、悲しくて
涙がこぼれました。


告別式が終わって
最後のお別れになりました。

ほのかの入った小さい棺の中に
ほのかの大好きだった、
おしゃぶり。
しまじろうのぬいぐるみ。
洋服。
靴。
ボーロ。
りんごジュース。
おもちゃ。
折り紙。
たくとが書いた手紙を入れました。

参列してくれた人達に、白やピンクの花をうんといっぱい入れてもらいました。


ほのかの顔は穏やかで、眠っているようで
触るとやわらかく、今にも目を開けそうでした。

その顔を見ていると、涙が止まらなくなって
声をあげて泣きました。

女房も、参列してくれた皆も泣いていました。

「これでほのかちゃんに会えるのは最後になります。
何か言葉をかけてあげてください。」
司会の人にそう言われて、
ほのかの頭を撫でながら「ほのか、ありがとう」
それだけ言えました。


蓋が閉じられ
喪主である私が挨拶をしました。


私と弟と、私の従兄弟2人が棺を持ち
女房が位牌。そうたたくとが2人で遺影を持って
出棺しました。


火葬場に到着して
ほのかの棺が台の上に乗せられました。

お坊さんのお経が流れる中、
たくとが「これからほのかどうなっちゃうの?」
と聞いてきました。
小さな声で「ほのかは焼かれちゃうんだよ・・・」
そう教えてあげました。

たくとが泣き出しました。
ほのかが可哀想だ」と、声をあげて泣き出しました。
そうたも泣き出しました。


1時間ほどたって、私達の目の前に現れたほのか
小さな、本当に小さな姿になっていました。

そのほのかを皆で大事に
納めました。


式場に帰って

初七日法要。
精進落し。


長い一日が終わり
ちっちゃくなったほのかを連れて帰ってきました。



comment form

管理者にだけメッセージを送る (非公開コメント投稿可能)

comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 母の代筆です。

私も、女房もそうたもたくとも
頑張っています。

今は相当辛いだろうと思います。
本当の事を言うと、がんばれ!なんて簡単に言えない事はわかっています。

でも、あえて「がんばれ!!」なんです。

「今」じゃなくて「未来」の為に。
そして「大好きな人」「大切な人」の為に。
その人を悲しませないのは、あなたにしか出来ないのだから。

本当に応援しています。
頑張ってください!


浄蓮微笑幼女、素敵な名前ですね。
笑顔の似合うほのかちゃんらしい。
おにいちゃん達は、ほのかちゃんが大好きなんですね。子供にとっては、親とはまた違った悲しみがあるのでしょう。
小さくなったほのかちゃんを連れて帰って、また悲しみも大きくなってしまったと思います。
でも、極端な話し、世間では虐待で無くなる子も多い中、沢山の人に愛されたほのかちゃんは幸せだったと思います。病気を治せなくで悔しくても、たくさん愛されていたと、ほのかちゃんはわかってると思います。パパさんもママさんも自分を責めないで下さいね。急がずにゆっくりと少しずつ頑張れば良いと思います。
いつも、まとまりのない文章ですみません。ただ、少しでも皆さんに元気であって欲しいと願っています。

Re: タイトルなし

えるもさんへ

確かに、ほのかは皆に愛されていました。
ほのかが会う人、みんな良い人で
ほのかの事を大事にしてくれました。

それは本当に嬉しくてありがたいなぁっていつも思っています。

誰かと一緒にいる時はいつも通りの自分でいられるんですが
一人ぼっちになると、心の中でほのかの事がすごく大きくなります。
こうやってパソコンを触るときは一人っきりで
つい、ほのかの写真や画像を見てしまいます。

でも、それでいいと思っています。
いつまでも、グズグズほのかの事を思っていたいです。
ずーっとずーっとほのかが私の中で生きていけるように。

この間、良い事を聞きました。
たくとがほのかの夢を見たらしいです。

詳しいことはどんなに聞いても教えてくれませんが
夢でほのかに会えるってことがわかりました。

その晩から、眠るのが楽しくなりました。
もしかしたらほのかが来てくれるかも知れないので。

今晩も寝るのが楽しみです^^

ソードタクトージャー2さま

はじめまして。
真実。と申します。

ブログ村から、
タイトルが気にかかって伺いました。


お嬢様が天に召されたのですね。。。


過去記事も拝見して、
その愛くるしいお姿と、ご家族のご様子に、
涙がこぼれました。


>でも、それでいいと思っています。
>いつまでも、グズグズほのかの事を思っていたいです。
>ずーっとずーっとほのかが私の中で生きていけるように


ほんとうにそうですね。

私も、昨夏に、ムスコを生後4日で
天国に送ったばかりです。


ソードタクトージャー2さまと奥様、
お子さま方に慰めがありますように。
心からお祈りいたします。




Re: タイトルなし

真実さんへ。

すいません。
コメントを貰ったのに返事が書けません。

生後4日。
お悔やみ申し上げます。

ほのかにお願いしておきました。

「一緒にいっぱい遊んであげてね」と。


申し訳ないです。

ソードタクトージャー2さんは父親という立場だから、強くなきゃいけないんですね。でも、同じ人間だし悲しいのは誰だって一緒だから、一人のときぐらい泣いてもいいと思います。
仕事で一緒にいられなかった分、後悔があるんだと思います。
ほのかちゃん、たくと君にお手紙の返事を言いに夢に出てきたのですね。
そのうち、ソードタクトージャー2さんの夢にも出てきて最高の笑顔をみせてくれるでしょうね!

Re: タイトルなし

えるもさんへ

そうか!手紙だとは気が付きませんでした。
あの手紙の文章はたくとじゃなくて私が考えたものだったんですけど
それにほのかは気が付いてくれなかったみたいです。

悔しいのでほのかに手紙を書きます。

今までの事とか、今の気持ちとか。
これからの事もほのかにちゃんと伝わるように。

心を込めて、書いてみます。


ありがとうございます。
嬉しいです。
プロフィール

ソードタクトージャー2

Author:ソードタクトージャー2
2011年1月16日午前3時27分
1歳8ヶ月で最愛の娘「ほのか」が亡くなりました。
その「ほのか」に家族の日常を伝えます。

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。